■ StudioLife次回公演  ■ ◆『PHANTOM THE UNTOLD STORY
〜語られざりし物語〜』

原作:スーザン・ケイ
脚本・演出:倉田 淳

《公演日程》
2011年6月9日(木)
   〜6月27日(月)
シアターサンモール(新宿御苑)
※深山さんはデューニカ役で出演されます!

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
LOVE
RECOMMEND
アザーライフ スタンダード・エディション
アザーライフ スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

StudioLifeより、笠原さん、岩崎さん、芳樹さん、海児さん出演映画
RECOMMEND
Daisy Pulls It Off (Acting Edition S.)
Daisy Pulls It Off (Acting Edition S.) (JUGEMレビュー »)
Denise Deegan
StudioLife公演
『DAISY PULLS IT OFF 』
原作本
RECOMMEND
銀のキス
銀のキス (JUGEMレビュー »)
アネット・カーティス・クラウス, 柳田 利枝, Annette Curtis Klause
StudioLife公演『銀のキス』
原作本 
RECOMMEND
シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇
シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇 (JUGEMレビュー »)
シェイクスピア, 松岡 和子
StudioLife公演『夏の夜の夢』
原作本 
RECOMMEND
創世紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ
創世紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ (JUGEMレビュー »)
ザバダック
10曲目美・チャンス〜妖しい輪舞(ロンド)
in『WHITE』
RECOMMEND
ザ・スクリーン・ビハインド・ザ・ミラー
ザ・スクリーン・ビハインド・ザ・ミラー (JUGEMレビュー »)
エニグマ, マイケル・クレトゥ
1曲目gates in『DRACULA』 
RECOMMEND
classical ever!one
classical ever!one (JUGEMレビュー »)
オムニバス, ハレ管弦合唱団, ハレ管弦楽団, フォーレ, ハンドフォード(モーリス), アカデミー室内管弦楽団, バッハ, マリナー(ネヴィル), チッコリーニ(アルド), サティ
disc-2 16曲目ホルスト『惑星』〜木星より
in『トーマの心臓』他数作品
RECOMMEND
Studio Life ビジュアルブック Troubadour(トゥルバドール)
Studio Life ビジュアルブック Troubadour(トゥルバドール) (JUGEMレビュー »)
白泉社書籍編集部
及ちゃん可愛いっすねぇ。(笑)
RECOMMEND
チャールダーシュ
チャールダーシュ (JUGEMレビュー »)
ラカトシュ・アンサンブル, エンリーコ・トゼッリ, ジャンゴ・ラインハルト, エリントン, ディニーク
黒い瞳 in『死の泉』
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

カッチーニのアヴェ・マリア
in『トーマの心臓』
RECOMMEND
吸血鬼ドラキュラ
吸血鬼ドラキュラ (JUGEMレビュー »)
ブラム ストーカー, Bram Stoker, 平井 呈一
StudioLife公演『DRACULA』原作本
RECOMMEND
桜の園
桜の園 (JUGEMレビュー »)
チェーホフ, 小野 理子
The Other Life vol.3公演『桜の園』原作本
RECOMMEND
死の泉
死の泉 (JUGEMレビュー »)
皆川 博子
StudioLife公演『死の泉』
原作本
RECOMMEND
白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
StudioLife公演『百夜行』
原作本
RECOMMEND
トーマの心臓
トーマの心臓 (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
StudioLife公演『トーマの心臓』原作本
(これそっくりのポスターありましたっけね…。)
ARCHIVES
<< 新人公演『WHITE』本日千秋楽!! | main | 会報来ましたね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
WHITE雑記。
下の記事に頂いたコメントより。

>「私の中でこの作品はこういう位置づけ」という声をよく聞きます。

ほぉ〜。
そっか、私はね、どうして↓「WHITEは過去のものになってしまった」っていう感想を真っ先に書いたか、って言うと、
そう感じた事が一番大きい感想だったってコトはもちろんなんだけど、
裏返して、
正直、芝居の内容(誰が何を演じたのが良かった、とか)について語れるまで、
演じた役者に興味がなかった、ってコトなんですよ。

いや、興味がなかった、は酷いな。(笑)
Lifeの「新人」さんが一生懸命演じているっていう意味ではカンドーもするし、頑張って!とも思うけど、
何せ、まだ彼らのお芝居を、
特にフレッシュさんについては何にも観ていない状態では、
いくら自分勝手な思い入れをぶつけがちなひろぷぅでも、
役者の個性についてまで語れない、ってもんですよ。(自爆)

そうすると、『WHITE』って作品を語るしかなくて、
初めて観た訳じゃないから「感想」ってのを語るってのでもなくて、
自分の中の変化、ってのを感じる事が大きかったので、書いてみた、と。

そして、役者に対する思いはともかく、その「変化」を感じた方が多かったってことなんじゃないですかね?

特にフレッシュの皆様には、私みたいなこんなヤツをぶっ飛ばせるぐらい、
「個性」を持った役者になってって下さい、と願っております!
| 独り言 | 14:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:41 | - | - |
コメント
みやまさんが、ネットで酷い思いを変化されたみたい。


| BlogPetのみやまさん | 2006/01/26 2:42 PM |
なるほど〜〜。
私のぼんやりしたコメントにここまで
書いてくださってありがとうです、ひろさん。

でも納得しました。

ネットで観劇された人々の感想を拾い読みをしていると
「やっぱり私はこの作品が好き」
みたいなある種のイベント感と「新人公演こそこれを」
という声が多かった気がしたのね。

新人さん達のことはさっぱり知らない私ですが、
以前は「誰さんがどうでこう」みたいなことが
メインで語られていた気がしたなあと。
それが少し弱まった気がしたのね。

突然新人公演デヴューの新人さん達だと
観る側のテンションもそんなには上がらないってことかなあ。

今回、先輩方が日替わりでゲスト出演ってのも、
ああ、新人公演てのはイベントなのだなあ
改めて思いました。

しかし、新人公演、しょっちゅうやってるし、
新人さん、どんどん入るし、
私はどんどんついてけなくなってるわ。
残念…。
| ゆうこ | 2006/01/23 6:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tea-life.jugem.jp/trackback/38
トラックバック