■ StudioLife次回公演  ■ ◆『PHANTOM THE UNTOLD STORY
〜語られざりし物語〜』

原作:スーザン・ケイ
脚本・演出:倉田 淳

《公演日程》
2011年6月9日(木)
   〜6月27日(月)
シアターサンモール(新宿御苑)
※深山さんはデューニカ役で出演されます!

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
LOVE
RECOMMEND
アザーライフ スタンダード・エディション
アザーライフ スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

StudioLifeより、笠原さん、岩崎さん、芳樹さん、海児さん出演映画
RECOMMEND
Daisy Pulls It Off (Acting Edition S.)
Daisy Pulls It Off (Acting Edition S.) (JUGEMレビュー »)
Denise Deegan
StudioLife公演
『DAISY PULLS IT OFF 』
原作本
RECOMMEND
銀のキス
銀のキス (JUGEMレビュー »)
アネット・カーティス・クラウス, 柳田 利枝, Annette Curtis Klause
StudioLife公演『銀のキス』
原作本 
RECOMMEND
シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇
シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇 (JUGEMレビュー »)
シェイクスピア, 松岡 和子
StudioLife公演『夏の夜の夢』
原作本 
RECOMMEND
創世紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ
創世紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ (JUGEMレビュー »)
ザバダック
10曲目美・チャンス〜妖しい輪舞(ロンド)
in『WHITE』
RECOMMEND
ザ・スクリーン・ビハインド・ザ・ミラー
ザ・スクリーン・ビハインド・ザ・ミラー (JUGEMレビュー »)
エニグマ, マイケル・クレトゥ
1曲目gates in『DRACULA』 
RECOMMEND
classical ever!one
classical ever!one (JUGEMレビュー »)
オムニバス, ハレ管弦合唱団, ハレ管弦楽団, フォーレ, ハンドフォード(モーリス), アカデミー室内管弦楽団, バッハ, マリナー(ネヴィル), チッコリーニ(アルド), サティ
disc-2 16曲目ホルスト『惑星』〜木星より
in『トーマの心臓』他数作品
RECOMMEND
Studio Life ビジュアルブック Troubadour(トゥルバドール)
Studio Life ビジュアルブック Troubadour(トゥルバドール) (JUGEMレビュー »)
白泉社書籍編集部
及ちゃん可愛いっすねぇ。(笑)
RECOMMEND
チャールダーシュ
チャールダーシュ (JUGEMレビュー »)
ラカトシュ・アンサンブル, エンリーコ・トゼッリ, ジャンゴ・ラインハルト, エリントン, ディニーク
黒い瞳 in『死の泉』
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

カッチーニのアヴェ・マリア
in『トーマの心臓』
RECOMMEND
吸血鬼ドラキュラ
吸血鬼ドラキュラ (JUGEMレビュー »)
ブラム ストーカー, Bram Stoker, 平井 呈一
StudioLife公演『DRACULA』原作本
RECOMMEND
桜の園
桜の園 (JUGEMレビュー »)
チェーホフ, 小野 理子
The Other Life vol.3公演『桜の園』原作本
RECOMMEND
死の泉
死の泉 (JUGEMレビュー »)
皆川 博子
StudioLife公演『死の泉』
原作本
RECOMMEND
白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
StudioLife公演『百夜行』
原作本
RECOMMEND
トーマの心臓
トーマの心臓 (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
StudioLife公演『トーマの心臓』原作本
(これそっくりのポスターありましたっけね…。)
ARCHIVES
<< clubLIFE主催 FCイベントパーティー遅ればせながらレポ! | main | 新人公演『WHITE』本日千秋楽!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
◆HAPPY NEW YEAR 2006◆
年が明けました。
といっても、年々、特別な日だったり、ワクワクする日だったりっていうよりも、
今日は明日の続きっていう感じで、つつがなく過ごしながらジンワリ気持ちを新たにする感じになってきました。
年のせいかしら?(笑)

今年もこんな私のたわごとに、どうぞお付き合い下さいませ。

皆様が、新たな年をステキに過ごされますように…


(・e・)
ひよこまーく
ヴェニスに死す
ヴェニスに死す
トオマス マン, Thomas Mann, 実吉 捷郎

ベニスに死す
ベニスに死す
| 独り言 | 02:30 | comments(10) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:30 | - | - |
コメント
特別などをBLOGしないはずだったの。


| BlogPetのみやまさん | 2006/01/12 2:58 PM |
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
この年が皆様健やかに微笑んで観劇を楽しまれる年でありますように。

はるさま同様正月に風邪を引いてしまい
観劇などのお出かけの予定は無いながらも
ちょこっと着物着て氏神様詣でを目論んでいたのが夢に終わりました。
三が日で着ていた物は寝巻きです(笑)。
…色気の無い服装の話で済みません
やっぱり健康あってこその楽しみですよね。

さて、「制服」の魅力って確かにありますよね。
「制服五割増マジック説」を説く友人もいますが、私も120%位素敵に見えると思います。

| 本郷 第 | 2006/01/07 1:44 AM |
ネットで大きい続きや、大きいこまなどをBLOGすればよかった?


| BlogPetのみやまさん | 2006/01/05 9:01 AM |
十六夜様、お知らせありがとうございます!!
Lifeトップページが新年の挨拶と共に、役者さんの集合写真になってます。

セイラーのお衣装は3段階だったんですね。
シニア〜ジュニ2の役者さんが何等航海士って感じ(伝わります?)のお衣装で、
ジュニ3〜6までの役者さんが、ホテルのベルボーイさんのような感じ、
ジュニ7さんと今回お披露目(笑)のあったFreshさんが水兵さんのような感じ。若さを生かして。(笑)

「制服」話の余談ですけど、
ホテルのベルボーイって表現しましたが、
会場の中でお給仕してくれてたホテルの従業員さんも「制服」を着てらして、
なんか素敵だったので思わず、「写真いいですか?」と声をかけそうになりました。(爆)
スミマセン、「制服」に弱くって。(自爆)
| ひろぷぅ@管理人 | 2006/01/05 2:19 AM |
Lifeのホームページにセイラー姿の皆様が・・・!
早速プリントアウトしました。よいですね☆
今年は良いことが有るかな?!
| 十六夜 | 2006/01/04 10:31 PM |
はる嬢、ゆうこ嬢、こちらこそよろしくお願いいたします♪
>はるちゃん
もう大丈夫なの?

いや、ホント、何をするにも健康第一!
観劇するにも健康第一!!

私は、すでに初芝居を済ませました。
何を隠そう、某歌劇団の…。
この話題はまた今度。(爆笑)
| ひろぷぅ@管理人 | 2006/01/04 12:36 AM |
あけましておめでとうございます。
今年もお邪魔させてくださいな。

セイラーの制服、いいですねえ。
制服ってちょっとストイックでステキなものですよね。
私も今年こそはイベントに参加してみたいものです。

ステキな一年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。
| ゆうこ | 2006/01/03 6:13 PM |
あけましておめでとう!
楽しいお正月を過ごしてますか〜?
私は大晦日にいきなり体調を崩してしまい、
元日は布団で一日を過ごしました。(T-T)
お互い健康には気をつけて(年も年なので…笑)
楽しい一年を送りましょう♪
今年もどうぞ仲良くして下さいませ。
| はる | 2006/01/03 5:38 PM |
十六夜様、ことしもよろしくお願いいたします♪
>パーティーの報告
続きの報告をお正月休み中には書き上げたいと思っていますが…(^_^;)
話は飛んで…。
>セイラー姿
といえば、私は8年位前にライフで上演された『ヴェニスに死す』が思い出されます。
(上に原作と映画載せておきましたが)トマス・マン原作、ヴィスコンティの映画があまりに有名ですよね。
ライフでの上演は観ていないのですが、写真を見ただけでも、主演のタッジオを演じた役者さんがそれはそれは美しくて。
それはまぁ、余談として、セイラーの制服は嬉しいX'masプレゼントでしたよ。(笑)
| ひろぷぅ@管理人 | 2006/01/03 12:50 AM |
今年もお邪魔させて頂きます。
それと、パーティーの報告ありがとう
ございました(^^♪
セイラー姿の皆さん・・・!
う〜ん、見たかったな。
そんな舞台は無いかしら、なんて
ちょっと夢見る正月です。
| 十六夜 | 2006/01/01 6:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tea-life.jugem.jp/trackback/35
トラックバック