■ StudioLife次回公演  ■ ◆『PHANTOM THE UNTOLD STORY
〜語られざりし物語〜』

原作:スーザン・ケイ
脚本・演出:倉田 淳

《公演日程》
2011年6月9日(木)
   〜6月27日(月)
シアターサンモール(新宿御苑)
※深山さんはデューニカ役で出演されます!

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
LOVE
RECOMMEND
アザーライフ スタンダード・エディション
アザーライフ スタンダード・エディション (JUGEMレビュー »)

StudioLifeより、笠原さん、岩崎さん、芳樹さん、海児さん出演映画
RECOMMEND
Daisy Pulls It Off (Acting Edition S.)
Daisy Pulls It Off (Acting Edition S.) (JUGEMレビュー »)
Denise Deegan
StudioLife公演
『DAISY PULLS IT OFF 』
原作本
RECOMMEND
銀のキス
銀のキス (JUGEMレビュー »)
アネット・カーティス・クラウス, 柳田 利枝, Annette Curtis Klause
StudioLife公演『銀のキス』
原作本 
RECOMMEND
シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇
シェイクスピア全集 (4) 夏の夜の夢・間違いの喜劇 (JUGEMレビュー »)
シェイクスピア, 松岡 和子
StudioLife公演『夏の夜の夢』
原作本 
RECOMMEND
創世紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ
創世紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ (JUGEMレビュー »)
ザバダック
10曲目美・チャンス〜妖しい輪舞(ロンド)
in『WHITE』
RECOMMEND
ザ・スクリーン・ビハインド・ザ・ミラー
ザ・スクリーン・ビハインド・ザ・ミラー (JUGEMレビュー »)
エニグマ, マイケル・クレトゥ
1曲目gates in『DRACULA』 
RECOMMEND
classical ever!one
classical ever!one (JUGEMレビュー »)
オムニバス, ハレ管弦合唱団, ハレ管弦楽団, フォーレ, ハンドフォード(モーリス), アカデミー室内管弦楽団, バッハ, マリナー(ネヴィル), チッコリーニ(アルド), サティ
disc-2 16曲目ホルスト『惑星』〜木星より
in『トーマの心臓』他数作品
RECOMMEND
Studio Life ビジュアルブック Troubadour(トゥルバドール)
Studio Life ビジュアルブック Troubadour(トゥルバドール) (JUGEMレビュー »)
白泉社書籍編集部
及ちゃん可愛いっすねぇ。(笑)
RECOMMEND
チャールダーシュ
チャールダーシュ (JUGEMレビュー »)
ラカトシュ・アンサンブル, エンリーコ・トゼッリ, ジャンゴ・ラインハルト, エリントン, ディニーク
黒い瞳 in『死の泉』
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

カッチーニのアヴェ・マリア
in『トーマの心臓』
RECOMMEND
吸血鬼ドラキュラ
吸血鬼ドラキュラ (JUGEMレビュー »)
ブラム ストーカー, Bram Stoker, 平井 呈一
StudioLife公演『DRACULA』原作本
RECOMMEND
桜の園
桜の園 (JUGEMレビュー »)
チェーホフ, 小野 理子
The Other Life vol.3公演『桜の園』原作本
RECOMMEND
死の泉
死の泉 (JUGEMレビュー »)
皆川 博子
StudioLife公演『死の泉』
原作本
RECOMMEND
白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
StudioLife公演『百夜行』
原作本
RECOMMEND
トーマの心臓
トーマの心臓 (JUGEMレビュー »)
萩尾 望都
StudioLife公演『トーマの心臓』原作本
(これそっくりのポスターありましたっけね…。)
ARCHIVES
<< 『銀キス』最優先結果来ましたね! | main | 【外部】 演劇モバイル 2007/2/15) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
★深山洋貴さん出演情報★映像関係オシゴト
◇映画 『 the idol 』  [HP](英語サイトです。) [日本語サイト]

下北沢在住のアメリカ人監督、ノーマン・イングランドさんが手がけた作品。
今、「日本の文化」…しかもサブカル的なもの(たとえば「kawaii(カワイイっていう言葉)」とか)って、外国ですごい流行ってるじゃないですか。
そういうのを風刺的に描いた作品みたい。(あらすじ読んだ私の解釈ですが。)
あらすじはHPに譲るとして、ソフビ人形とか、女子高生とか、オタクとか、サブカルな単語がいっぱいです。(笑)
その中で深山さんは、というオタク青年(!)にて出演。
英語版オフィシャルサイトの[Characters]のオタクっぷりは必見です。
(ひろぷぅ的にはかなりツボですがっ!!サブカル映画大好き。)

まだ未完成のようで、海外各国の他、日本での上映は、2006年の東京国際ファンタスティック映画祭ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(リンク先はどちらも2005年のサイトです。)への出品という形になるようです。
チェックしましょう!

【2006/10/11追記】
 the idol 』が2006年10月8日(日)、大阪の日本橋映画祭で上演されたそうです。
CGアニメやSF作品を集めて上演する、“ヲタク・テイスト”たっぷりの映画祭みたいですが(笑)、ご覧になった方、いらっしゃいますか?
私は今日知りましたので汗、見にいけなかったんですが。
でも、知ってたら行ってたと思います。大阪のアキバ…。(笑)ゲーム

また、2006年7月16日にはカナダ・モントリオールのファンタジア国際映画祭で上演されました。[詳しくはこちら]
[予告編的記事はこちら。中ほどの深山さんasヲタクの滝の写真はウケる(笑)]

今後は2006年11月にフランス・リヨンのライアンアジアフィルムフェスティバルなるものに出品されるそうです。[HP]

東京でも上演機会を待ってます…。
| 深山洋貴さん情報 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 15:35 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tea-life.jugem.jp/trackback/158
トラックバック
負傷者一名 new
それは殺陣のシーンが入った抜き稽古で起った。 トォー!! カキン!カキン!!  オリャー!!! カキン!ゴツン!! ウッ・・・。 (@_@;)
| 役者のひとり言 甲斐政彦の役者ブログ | 2007/04/12 12:18 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/29 5:23 PM |